螺旋階段


常盤平の家では、1階、2階、2階上部、ロフト階という4つの床レベルがあります。螺旋階段を使うことで四つのレベルをコンパクトに繋ぐことができました。一層半の天井高がある玄関から見たところです。天井が高い空間で見る螺旋階段は迫力があることを改めて認識しました。螺旋階段は80φの無垢材を心棒とし、踏み板等の部材は必要最小限のものとしています。

前の記事

スキップフロア

次の記事

窓1