リンケ・ヴィーンツァイレの集合住宅

リンケ・ヴィーンツァイレの集合住宅1 オットーワーグナー 1898~1899年


38番地と40番地に建つ、二つの集合住宅。建築史の教科書に必ず出てくるのだけど、
「ファサードに絵を描いただけじゃん」といった印象は、実際のものを見てもあまり変わらなかった。教科書的には、ファサードを皮膜として扱ったのが、近代的であるとのことだったと思う。でも綺麗でした。建築史の上での意味づけは別として、何も知らなくても、目を引く建物だと思います。
まずは左手にある40番地。「マジョリカハウス」と呼ばれている。マジョリカ焼きのタイルが遣われているとのこと。花模様もそのタイルで描かれている。


次は、角地の38番地のもの。壁面装飾は、金箔とのこと。
二つの集合住宅の間の部分
38番地をコーナーから見たところ
コーナー頂部のアップ


低層部のアップ