工場検査(73日目)

本日は千葉の大網にて鉄骨の工場検査。10時に集まり、まずは工場の事務所にて書類の確認をします。納入された鉄骨の規格などがわかるミルシートを確認して、工場川での事前検査の資料を確認します。

工場に出てからは、まずは鉄骨の柱の長さの検査。事前に既に全ての鉄骨は工場で計られているのですが、そのうちの一部を確認します。鉄骨の長さの誤差は大きくても2ミリ程度で問題なしです。

次に溶接箇所に問題がないかの、超音波探傷試験。これも既に事前検査が終わっていますので、その再確認となります。

写真で少しグレーとなっているところは炙った跡との説明を受けました。鉄骨に色々と部材を取り付けていくと、どうしてもひずみが起きるので、それを炙って補正するのだそうです。

グレーの部材は溶融亜鉛メッキをした部材。外部の柱を支えます。

全て今回使われる鉄骨です。