KOBAU(175日目)

IMG_5202
代々木の家では、ボードの上に白い紙が貼られてきました。この白い紙は、KOBAUというドイツ製の製品で、塗装や左官の下地材。
次の工程で、ドイツ本漆喰 プラネットウォールを塗ります。KOBAUが下地としてしっかりしているので、構造体の動きによるクラック防止することができるようです。
KOBAUは0.75×2.5mのロールが4300円→2300円/㎡。
これに貼り手間が700円で、合計3000円/㎡。
これに今回は仕上げ材として、プラネットウォールのクイック&イージー2600円/㎡を塗るのでそれなりにお金がかかっています。
今回は、木造3階+PH階なので揺れに対する対策を取った方が良いと考えたこと、またクライアントが吸湿性にこだわりをもたれていたことから採用しました。
IMG_5203