Facility

サバイデイサービス 東京都品川区 ファサードが特徴の4階建てデイサービス

4階建てデイサービス ファサードが特徴 清潔感のある通路 スタイリッシュな外観 無機質な印象が魅力の外観 光沢感のある外観 アルミスパンドレルで高級感を アルミスパンドレルで美しい外観 アルミスパンドレルをメインに シンプルな屋外階段 周辺環境に溶け込んだ外観 大通りに面したデイサービス 夜でも安心感を与えてくれる施設 夜でも周辺環境に馴染む 夜に正面から見たファサード 夜に斜めから見たファサード 使いやすい広いスペース 日当たりの良いスペース 優しい雰囲気のスペース 緩やかな階段で利用者も安心 広々スペースで快適に活動 採光を多く取り入れたスペース 外の景色も楽しめる 使いやすい引き戸 無駄のないスペース 大きな窓で開放感を 使いやすい入浴スペース 手すりが使いやす入浴室 清潔感あふれる洗面所 便利な多目的スペース あたたかい陽光が差し込むスペース 使いやすいトイレ 移動しやすい通路
1 / 33
計画地東京都品川区
期間2016.7~2017.5(設計) 2017.7~2018.8(施工)
敷地面積2489.92㎡
建築面積101.62㎡
延床面積364.97㎡
設計・監理健康設計+角倉剛建築設計事務所
山田構造設計事務所
システムプランニングコーポレーション
施工吉田建設
外部仕上げ屋根/タケイシキ躯体防水
外壁/コンクリート撃ち放し撥水材塗布、吹付塗装、アルミスパンドレル
内部仕上げ床/ビニールタイル、長尺塩ビシート
壁/ビニルクロス、塗装
天井/ビニルクロス、塗装
その他写真撮影 吉田誠

三角形の敷地に建つ4階建てのデイサービス

平塚橋の交差点に面する三角形状の変形敷地に建つデイサービスセンター。隣接する複合用途の建物の共同住宅部分となる4階以上の住戸からの眺めを素体しないよう、高さ12.3m、4層の建物として計画した。

外壁のパターン

看板を出す代わりに特徴のあるファサードにすることで建物を認識してもらうことを意図した。具体的には、開口部のリズムで分節し、コンクリート打ち放しで仕上げ、クリアと黒色粉を混ぜた二色でグラフィカルなパターンを与えた。モノトーンの色調のファサードとは対比的に、ブラインドは華やかな色のものとしてアクセントとしている。

内部階段で移動できる1・2階がデイサービスのメインスペース、3階は浴室、4回はイベントなどに使うスペースとして計画した。建物の中から交差点のダイナミックな景色が楽しめるデイサービスとなっている。

 

三角形の敷地,窓,ファサード,福祉施設,4階建て,デイサービス