House

小金井の家 東京都小金井市 小さな部屋が魅力の屋上付き住宅

東京で屋上付き住宅 日当たりの良い家 玄関へのアプローチ 小さな部屋で落ち着いた暮らし 広がりを感じる明るい部屋 ハイサイドライトからの光 屋上に上がる階段 2階への吹抜け 階段の上からはトップライトの光 半透明のポリカーボネイト板で仕切り エントランス パウダールーム
1 / 12
計画地東京都小金井市
期間2005.11~2006.5(設計) 2006.7~2007.3(施工)
敷地面積98.47㎡
建築面積39.30㎡
延床面積107.68㎡
規模・構造地下1階地上2階 RC造(一部木造)
設計・監理角倉剛建築設計事務所
オーク講造設計
スタジオランプ
施工内田産業
外部仕上げ外壁/コンクリートの上断熱塗料
内部仕上げ床/カバフローリングの上リボス塗装、コルクリノリウム
壁/モルタル補修の上断熱塗料、PBt12.5の上EP
天井/モルタル補修の上断熱塗料、PBt9.5の上シナ合板リボス塗装

連なり合う小さな空間からできた住宅

それぞれ魅力的

小金井の家は5人のご家族が住まわれることが想定された、延床面積33坪、地下1階地上2階の住宅です。「大きな快適なリビングと、こじんまりとした寝室」という作り方でなく、「同じようなスケールの部屋が、小さくはあるが、それぞれ魅力的である」という作り方を目指して計画しています。

広がりが感じ取られること

必要な大きさに分けられた部屋の一部に、断面の中で繋がりを持たせ、ご家族が皆で使われるスペース(リビングやダイニング)とし、「地階から屋上まで」・「内から外まで」 」への広がりが感じ取られることを意図しています。

三つの素材で構成

「断熱塗料が塗られたコンクリート箱」の中で、「シナ合板で守られたプライベートなスペース」が浮かび上がるインテリアとし、外壁面は、「断熱塗料が塗られたコンクリート面」・「FIXのガラス」・「ステンレスメッシュ」の三つの素材で構成しました。

地下,2階建て,RC造,木造,断熱塗料,屋上