Work deatil

向ヶ丘の家

2007
個人住宅
崖地に切り替わる高台にある住宅です。ロフトを伴った、地下に潜り込む寝室の断面形状は、北側擁壁への負担を減らすことを考慮した結果です。
建坪率と容積率を使い切ることを考えた結果、羊羹をずらしたような建物形状としました。
インテリアは、2階のLDKは白を基調としたインテリアにシナ合板の家具をアクセントとしています。それに対して1階の個室は、壁・天井を合板で仕上げ、床は弾力がある、コルクが入ったリノリウムを貼っています。
外壁は、ガルバリウム鋼板小波板で仕上げています。
計画地
:川崎市高津区
期間
:2006.10〜2006.11(設計) 2006.12〜2007.3(施工)
敷地面積
:85.47 m2
建築面積
:41.90 m2
延床面積
:68.36 m2
規模・構造
:地上2階・木造
設計・監理
:角倉剛建築設計事務所
:山田構造設計事務所
:ソノベデザインオフィス
施工
:(株)一吉建設
外部仕上げ
:屋根/FRP防水
:壁/ガルバリウム鋼板小波板、サイディング
内部仕上げ
:床/コルクリノリウム、カバフローリングリボス塗装
:壁、天井/ラーチ合板OS拭き取り、ビニールクロス
 
外観
ガルバリウム鋼板小波板を横使いで貼っています。上下階が長手方向にずれて、テラスを作り出します。
 
2階リビング
リビングから、北側を見ています。L字型の壁の向こうが、ダイニング。高台となっているため、北側には眺めが良い窓があります。
 
2階ダイニング・キッチン
構造体と一緒にダイニング収納とテーブルを制作しています。
 
螺旋階段
家の中心となる螺旋階段です。右手が玄関、奥が半地下となったロフト付きの子供室。写真の手前は主寝室です。
 
1階主寝室
主寝室から明るいエントランスを見ています。個室は合板の壁、天井。床にはコルクが入ったリノリウムを使っています。
 
1階子供室
二人で使う子供室です。ロフトを伴う天井が高い部屋です。
 
子供室(ロフト下)
ロフトの下は、半地下となっています。(コンクリートの壁となっているところが、地下となります。)
 
子供室(ロフト)
ロフトからは、螺旋階段越しに、玄関と主寝室が見えます。
 
パウダールーム
FRP防水で仕上げられた、水回り。