Work deatil

成田の二世帯住宅

2014
二世帯住宅
計画地
:千葉県成田市
期間
:2013.1〜10(設計) 2013.11〜2014.5(施工)
敷地面積
:591.37 m2
建築面積
:254.06 m2
延床面積
:276.94 m2
規模・構造
:木造2階建て
設計・監理
:角倉剛建築設計事務所
:山田構造設計事務所
:Lapin建築設備工房
:ソノベデザインオフィス
施工
:大日ハウジング
外部仕上げ
:屋根/ガルバリウム鋼板平葺き
:外壁/ガルバリウム鋼板平葺き、左官
内部仕上げ
:床/ナラフローリング、玄晶石
:壁/左官、塗装、クロス
:天井/羽目板、左官、塗装、クロス
その他
:写真撮影 吉田誠
 
現場状況
工事中の様子を
http://smkr.jp/blog/blog/category/narita/
にてご覧いただけます
 
既存家屋
この計画は、当初は既存家屋を改修して、二世帯住宅にするという話から始まりました。いくつかの改修案をお見せする中で、お施主さんの気持ちが変わっていきました。最終的には、一軒家の中に二世帯が住むのではなく、二軒の家が並列する共同住宅のような形が望ましいという話となり、新築計画として考えることになりました。
 
既存家屋2
既存家屋の奥には、クライアント所有の大きな緑地があるのが魅力的な敷地条件でした。
 
模型写真
最終的な模型写真です。平屋(親棟)と2階建(子棟)を土間で結び付ける計画です。
 
配置図
クライアント所有の緑地との境界に長細い建物として計画しています。緑地と南東の庭を繋げるような内部空間を作り出したいと考えました。
 
外観1
平屋から2階建てに切り替わるところを外からみたところです。
 
外観2
2階建棟の吹き抜けを外から見ています。
 
外観3
北西の緑地帯から見たところです。
 
平屋側平面図
平屋側平面図。南東と北西を繋ぐ土間を介し、二棟にアプローチができます。
 
平屋側断面図
上は、平屋棟の断面図。二つの庭に対して、大きな開口部を持ちます。下は土間の断面図。
 
キッチンからの眺め
キッチンからリビング見たところ。奥が寝室です。
 
キッチンから南東の庭を見る
キッチンから南東の庭を見たところです。
 
リビングから和室を見る
リビングから、和室と書誌を見たところです。平屋棟は、水廻りと寝室を除き一続きの空間です。
 
和室よりリビングを見る
和室から南東の庭を見たところです。
 
リビング
リビングから土間方向を見たところです。
 
書斎より北西の庭を見る
書斎からは北西の庭がよく見えます。
 
寝室より南東の庭を見る
寝室からは、南東の庭がよく見えます。
 
浴室より南東の庭を見る
浴室からも、南東の庭がよく見えます。
 
土間より北西の庭を見る
土間から北西の庭を見たところです。北西に対して伸びやかな断面を持つ空間です。
 
土間の見返し
土間を見返したところ。奥の右手が土間への入り口です。
 
土間より平屋棟の入り口を見る
土間右手が、平屋棟への入り口です。
 
土間より2階建棟の勝手口を見る
土間左手が、2階建棟への勝手口です。
 
2階建棟1階平面図
2階建て棟の1階平面図。弧を描くように回り込み少しずつ床レベルが上がっていきます。
 
2階建棟2階平面図
2階に上がると、最後はテラスまで行き着きます。
 
2階建棟断面図
道路と北西の間のレベル差を吸収するように、スキップフロアーで少しづつ上に上がっていく断面計画です。
 
2階建棟玄関
2階建棟の玄関です。
 
リビング・ダイニング
2階建棟の階段を見たところ。玄関から2階まで、4つのレベルが異なる床があります。
 
リビング・ダイニング2
リビングから吹き抜け越しに北西の庭を見たところです。
 
キッチンより北西の庭を見る
キッチンからリビング越しに北西の庭をみたところです。
 
キッチンより南東の庭を見る
キッチンから和室越しに南東の庭をみたところです。
 
和室からキッチンを見る
和室から、ワークスペースを介し、キッチンまで繋がります。
 
2階踊り場
2階に行く階段の踊り場のレベルに寝室があります。
 
途中階の寝室
途中階の寝室
 
2階寝室と廊下
大きな寝室からは北西の庭が見えます。
 
2階寝室
寝室から吹き抜け側を見たところです。
 
2階主寝室とテラス
主寝室。右側に南東の庭に面するテラスが見えます。