Work deatil

北品川の家

2012
リフォーム
築37年の住宅の、対審補強とリフォーム。

敷地は、崖地の盛土に位置し、建物は盛土の不同沈下により、15センチ程度崖地に向かって傾いていました。
一軒家のように見える建物は、実際は3軒繋がった長屋となっており、単独で、建て替え等の確認申請が必要となる、工事ができない状況となっていました。

建物の傾きを是正し、法的に問題ない範囲でリフォームをおこない、耐震補強を可能な範囲でおこなうことが、今回の計画です。

建物の傾きは、完全を期すると、地盤を補強した上で、基礎からのジャッキアップをおこなうことになるのですが、予算面で非現実的であったため、土台からのジャッキアップにとどめています。

屋根の形状を変え、吹き抜けをあらたに設けることで、暗かった一階を明るい空間に作り直しています。

外壁は極力壊すことなく、塗り替え程度にとどめています。内装材の多くは取り外し、断熱材を充填した上で、耐震補強をおこなっています。

間取りは、基本的に大きな変更をおこなうことなく、必要とされた収納を追加する程度にとどめています。
計画地
東京都品川区
期間
:2011.10〜2012.2(設計) 2012.5〜2012.8(施工)
敷地面積
 m2
建築面積
 m2
延床面積
 m2
規模・構造
:地上2階・木造
設計・監理
:角倉剛建築設計事務所
:山田構造設計事務所
施工
:小川建設
外部仕上げ
:屋根 / ガルバリウム鋼板
:外壁 / モルタルの上吹き付け
:開口部 / アルミサッシ
内部仕上げ
:床 / フローリング(アッシュホワイトブラッシュド)、タイル 、絨毯
:壁 / 塗装 、クロス
:天井 / 塗装 、クロス
 
外観
外壁は、仕上げ材の塗り直しをおこないました
 
玄関廻り
扉と雨戸をヒバ材で仕上げています
 
吹き抜け1
玄関上に吹き抜けを新たにもうけました
 
吹き抜け2
斜めの小さな玄関ホールを、框戸の向こうにもうけました
 
吹き抜け3
リビングの方向を見ています
 
吹き抜け4
リビングから見上げるように見たところ。
 
吹き抜け5
リビングから少し引いてみたところです。
 
リビング
リビングの天井を一部折り上げています
 
室1-1
1階の二間筒木の個室。欄間部分をガラス貼りとし、奥まで光が入るようにしました。
 
室1-2
斜めの壁の向こうが、玄関ホール
 
階段
階段は、既存のものをそのまま再利用しています
 
階段から吹き抜けを見る
階段を少し上り、吹き抜けを見たところ
 
室2-1
2階の二間続きの個室。床は絨毯。障子は既存のものを再利用
 
室2-2
南の窓を見ています
 
吹き抜け6
室2の窓から吹き抜けを見たところ
 
室3
この部屋は、内装のやり直しにとどめています。奥にテラス
 
吹き抜け7
テラスから吹き抜けを見下ろしたところ
 
工事中
工事中の写真はブログまで
→http://smkr.jp/blog/blog/category/kitashinagawa/

写真は土台のジャッキアップの様子です