Work deatil

東・佐藤邸

2004
個人住宅
角倉、八尾、大野の最後の共同設計の作品。角倉が設計を担当し、個別事務所とした後、監理を引き継ぎました。細長の狭小敷地の中で、どれだけ伸びやかな空間づくりができるのかを考えました。1階は、シンプルな土間空間。通りからガラス越しに、奥の明るい坪庭まで見えるトンネル状の空間です。将来ここでお店でも開きたいというのが施主の希望。 2階から、3階はスキップフロアーで連続した、一体的な空間。スキップする床の間からは、トップライトからの光が注ぎ込み、ステンレスのダイニングテーブルを鈍く照らします。設計で気にかけたことのひとつは、3階ライブラリーの床の高さ。手渡しで物の受け渡しができる、床の高さとしたことで、一体感が生まれました。 3階のライブラリーは、35センチの本棚×10段分=3.5メートルの天井高。通りもよく見え、3階の寝室・2階のリビングとも繋がりが良いこの家の心臓部。 1階から3階のこれらのスペース(これを仮に「主室」と呼ぶ)を豊かにするため、設計で考えたことは、大きくは次の二つ。 ひとつめ。入って右のスペースは、全ての階で、巾90センチのラワン合板で造られた「家具」として設計していますが、その中に水回り、階段、収納等のスペースを全ておさめたこと。また、書棚は、キッチンの収納と合わせ2-3階の壁面収納状の「棚板」としてデザインしていること。「主室」、「家具」、「棚板」という3つのスケールに限定することにより生まれたまとまりが、伸びやかな空間を生み出してたと考えています。 ふたつ目。各階の奥のスペースをどん詰まりとせず、テラスとして残したこと。また、2階、3階のテラスの床は、グレーチングとし、下階に自然光が注ぎ込むようにしたこと。外にあるもうひとつの空間が、「主室」に光と、広がり感を与えることと思います。 1階から3階まで一筆書きのように連なる終着点は、屋上バルコニーとなっている。周密な都市環境も、屋上から視点を変えて見れば、なかなか開放的で気持ちの良いもの。この住宅に置ける最後の重要なスペースであると考えています。
計画地
:東京都渋谷区恵比寿
期間
敷地面積
:49.40 m2
建築面積
:27.99 m2
延床面積
:81.20 m2
規模・構造
:鉄骨造、地上3階
設計・監理
:ティーエイチティーアーキテクツ
:山田構造設計事務所
施工
:群峰工業
外部仕上げ
:屋根/シート防水、ガルバリウム鋼板瓦棒葺き
:壁/モルタルの上、ゴム系塗装
内部仕上げ
:床/ナラフローリング、ラワン合板の上リボス塗装
:壁/PBt12.5の上EP塗装
:天井/PBt9.5の上EP塗装
その他
:月刊「TITLE」2005年10月号
 クロワッサン676号
 新しい住まいの設計2006年8月号等掲載
 
外観
少し青みを帯びて見える外壁は、モルタルの上に、クラックが表面に出にくい、弾性を持った塗装をしています
 
1階
1階は、将来の用途変更を考えた、がらんどうのトンネル状の空間です
 
1階
道路側を見返しています
 
裏庭
裏庭のエゴノキです
 
パウダールーム
縦置の浴槽の向こうに、えごのきが見えます。
 
階段
パウダールームの反対側に2階に上る階段があります。
 
ダイニング
ダイニングからリビングを見ています
 
ダイニング
右手に見えるのが3階への階段です
 
階段
 
リビング
リビングから、スキップフロアーとなったダイニングとライブラリーを見ています。
 
ダイニングテーブル
ダイニングテーブルとキッチンは一体で制作しました

 
スキップフロアー
スキップフロアーの隙間から3階を見ています。
 
ダイニング
トップライトからの光が、ステンレスで作られたダイニングテーブルを鈍く照らします。
 
ダイニングの収納から、書棚まで一体となった棚で作られています。
 
階段
3階に上る階段です
 
洗面室
 
ライブラリー
天井高3.5mのライブラリーの壁には、高さ35センチの書棚が10段並びます
 
ライブラリー
ライブラリーから、寝室を見ています。寝室は、壁内に隠された、引き戸で仕切られます。寝室の奥に屋外階段があり、屋上に繋がります。
 
寝室
寝室からライブラリーを見返しています。
 
テラス
1階裏庭よりグレーチングのテラスを見ています。その更に上に、屋上に上がる鉄骨階段があります