House

高崎S邸 群馬県高崎市 ハコの組み合わせで多様な生活空間を生み出した家

ハコを重ねたハイセンスな住宅 クールな印象の外観 正面からの外観 斜め横からの外観 玄関アプローチ 植栽で自然ある家 家族とのコミュケーションを 開放感あふれる大きな窓 リビングダイニング ウッドデッキに繋がるリビング 子供部屋 和室スペース ホテルのような贅沢な寝室 子供部屋入り口 明るいエントランスホール 上から見たエントランスホール パウダールーム
1 / 17
計画地群馬県高崎市
期間2001.6~2002.2(設計) 2002.4~2002.11(施工)
敷地面積496㎡
建築面積90㎡
延床面積136㎡
規模・構造地上2階・木造
設計・監理THT Architects
山田構造設計事務所
施工安松託建
外部仕上げ屋根/ガルバリウム鋼板
外壁/ガルバリウム鋼板
内部仕上げ床/フローリング、畳、カーペット、ビニルタイル
壁/EP、ビニルクロス、タイル
天井/EP、ビニルクロス、野地板あらわし
その他群馬県「ゆとりある住生活推進協議会長賞」受賞
高崎市「第九回たかさき都市景観賞」受賞
写真撮影 吉田誠

存在感のある住宅

「ハコ」の組み合わせ

伸びやかな風景の中で、ぽつんと建っているような住宅です。「ハコ」の組み合わせで、自立した形態を持つ存在感のある住宅にすることを考えました。

1階には、「大人のハコ」、「子供たちのハコ」、「水場のハコ」という三つのプライベートな性格をもつ「ハコ」があります。ハコは黒い鋼板で仕上げられ、ハコどうしの間は路地のような空間です。路地はそのまま外に伸び、住居へのアプローチや庭のデッキ、坪庭となります。

 

 

包容力のある「ハコ」

2階には大きな、シルバー色の「ハコ」が載っています。これは、家族が共有する大きな空間です。木製デッキ、坪庭、広い場所、こもれる場所など性格の異なるスペースを含んでいます。家族の様々な活動を受け入れる包容力のある「ハコ」です。

住宅の北側には、北西季節風に対する防風壁が斜めに挿入され、1階南側から2階北側へ抜ける吹抜が作られます。この吹抜は、1階の個室と2階の家族室を結ぶと共に、客人を迎え入れるロビーでもあります。煙突効果によって夏期には換気通風路となり、冬期には2階の大きな居住空間へ暖かい空気を送り込み、自然空調装置としても働いています。

クールな印象の外観と心地よい内部空間

大小様々な「ハコ」の組み合わせが室内外の空間を取り込んで、多様な生活空間を生み出し、クールな印象の外観と心地よい内部空間の両方を獲得しています。

この住宅は2003年「群馬県ゆとりある生活推進協議会長賞」、2004年「第九回たかさき都市景観賞」を受賞しました。

2階建て,木造,ガルバリウム鋼板,クール,吹き抜け,北西季節風