リノリウム

代々木の住宅では、トイレと納戸の床材に、リノリウムを使う予定となっています。リノリウムは、塩ビシートと似ていますが、大きな違いは、亜麻仁油などの天然材料から作られる、自然素材であること。お施主さんは当初は、塩ビシートを希望されていましたが、自然素材にこだわられていたことから提案しました。
「天然の抗菌性があること、静電気を発生しにくくホコリが溜まりにくいことからアレルギーや喘息などがある方に特にお勧めできる床材です。」は取り扱い代理店であるフォルボ・フロアリングのコメント。工務店の見積価格は5,800円/㎡。
非常に沢山の色の中から選ぶことができるのですが、在庫が無い場合は、ヨーロッパからの取り寄せになるので、3ヶ月かかることが要注意。代々木の家でもそろそろ決めた方が良いかと思っています。
最近では、デイサービスセンターの床に使いました。
oume_7_jp-19
デイサービスセンター(CLUB RIVER)
この時は、併設する保育室に、コルクリノリウムを使いました。こちらは、厚みがあるコルクを基材としていますので、クッション性があります。この時には、掲示板として同じくコルクを基材としたブルテンボードを壁に使い、同色の赤でまとめました。
コルクリノリウム