Chur ruins shelters | Peter Zumthor

ローマ遺跡発掘シェルター | YEAR : 1986年 | LOCATION :Seilerbahnweg 17, Chur, Graubünden, Chur

ローマ遺跡シェルターの見学のためには、あらかじめ、クール駅のツーリストインフォメーションで鍵を借りることが必要だ。見学者は自分で現地に行き、鍵を開けて、見学をする。駅から徒歩15分程度か。Chur ruins shelters1
Chur ruins shelters2
Chur ruins shelters3
Chur ruins shelters4
Chur ruins shelters5
Chur ruins shelters6
Chur ruins shelters7
木製のルーバーがパネル化されて、外壁として使われている。エントランスは、鋼板で地盤とは縁を切ったトンネルのように作られている。通り側には、突き出すように二つの開口部があり、スイッチを入れると、緑がかったガラス越しに、中の遺跡が見えるようになっている。建物は二つのヴォリュームに分けられ、ブリッジでジョイントされる。
Chur ruins shelters8
Chur ruins shelters9
Chur ruins shelters10
Chur ruins shelters11
Chur ruins shelters12
Chur ruins shelters13
Chur ruins shelters14
Chur ruins shelters15
Chur ruins shelters16
鍵を開けて中に入る。トップライトがあるが、背があるためなのか、それほど強烈な光は入ってこない。外壁周りを見ると、スチールのフラットバーとブレースで、パネルが構成されていることがわかる。遺跡の上を横切るようにスチールで作られたブリッジがあり、そこから下に降りる階段がある。手すり周りの端部の納めが独特で面白い。
クールで二つズントーの建物を見て、この建築家が、工芸品の用に建築を作ることがよくわかってきた。クールには他にもズントーの建物はあります。1時間で二つを見る結構ハードな行程となってしまいましたが、もっとゆっくり時間をとることをお勧めします。