LGS下地・木枠・ニッチ

竜泉の家の現場は、壁と天井の軽量鉄骨下地ができあがり、窓廻りの木枠が設置されたところ。長手方向の壁面には、窓に加え、窓を意識したニッチをいくつか作っているのが、インテリアの特徴としている。
細長い敷地は多くの場合、長手方向の壁面は隣地に面していることもあり、開口が無い、大きな壁面となる。今回は飾り棚のニッチをいくつか設け、壁面の中に奥行きを加えた。
ニッチ
壁と天井の下地が作られると、吹き抜けの様子が分かるようになってきた。手前の吹き抜けの上にはトップライトがある。ニッチと窓を組み合わせた大きな横長の開口部を作っている。
吹き抜け