IJ PLEIN 1989年 Rem Koolhaas (2)

面白いのは、対となったもう一棟。
建物は、地面に対してすこしもち上げられた場所を、ピロティとして開放した造り。天井には木板が張られる、所々に楕円等の形態。これは、公共的なスペースとして使われるのだろう。
R0014589
R0014589 posted by (C)sumi
反対側に廻って見たところ。
R0014586
R0014586 posted by (C)sumi
もう一棟に対する、ファサード。飛び出した階段室が規則正しく並ぶ。
R0014598
R0014598 posted by (C)sumi
この階段室が、一直線に屋上まで行く様が見えるのが、面白い。
R0014600
R0014600 posted by (C)sumi
ピロティ側から見た階段室。この赤い扉の位置でオートロックがかけられているようだ。
R0014588
R0014588 posted by (C)sumi
ピロティは、一部車がとおり抜ける車路となっている。交通計画と一体となって、建築が考えられている。
R0014611
R0014611 posted by (C)sumi
車路から左のピロティ部分は、地域にも開放されたスーパーぐらいの規模の商店。建物は広く周辺と関係づけられて計画されている。
R0014612
R0014612 posted by (C)sumi
R0014608
R0014608 posted by (C)sumi