KNSM島ハンス・コルホーフ棟

YEAR : 1994年 | LOCATION : KNSM-laan/Levantkade, Amsterdam

KNSM島の集合住宅の中で、ひときわその大きさがめだつもの。集合住宅以外の用途も入っており、単体の建物でありながら、都市的なキャラクターがかなり強い。巨大なファサードは、場所場所で異なる表情をもつ。
大通り側からのファサード。上部はカーテンウォールとなっているが、ここの用途が集合住宅なのかどうかは不明
R0014445
R0014445 posted by (C)smkr
大通り側の巨大なファサードは、二つに分割される。こちらは、カーテンウォールがない。
R0014446
R0014446 posted by (C)smkr
木で縁取られた、重厚なエントランス。横のシルバーのラインは郵便受けだったと思う。
R0014448
R0014448 posted by (C)smkr
二つの異なるファサードの間からは中庭に抜けるスリット
R0014447
R0014447 posted by (C)smkr
階段を抜けて中庭にでたところ。
R0014439
R0014439 posted by (C)smkr
中庭に面したところは、サンルームとなっていた。外と中の中間的な使い方をするところ。熱環境的にもバッファーとなるところ
R0014441
R0014441 posted by (C)smkr
サンルームの上階。窓の開閉方式がわかる。
R0014442
R0014442 posted by (C)smkr
西側隣地から見たファサード。投光器のようなものがとりつけられた、列柱。
R0014449
R0014449 posted by (C)smkr
海側のファサード。1階は小規模の店舗が入る。
R0014451
R0014451 posted by (C)smkr
エントランス廻り。こちらも重厚な木で造られている。外部に木を使うことにはあまり抵抗がないようだ。
R0014453
R0014453 posted by (C)smkr
東側のファサード
R0014436
R0014436 posted by (C)smkr