Work deatil

東京大学秩父演習林栃本作業所

2003
大学施設
東京大学の農学部に附属する広大な秩父演習林の入り口の谷間に位置する、研究者の宿泊施設と管理者の事務棟である。 建物は敷地の地形に沿って細長く屈曲する平面形状をもち、深い軒の出と原生林の山並みを観察する天窓が外観を特徴づけている。 内部空間は、日照が各所に差し込む大きな屋根の下に水回りのスペースを4箇所に集約して黒い箱状につくり、 全体があたかも森の中の散歩道のようにつくられて、外部に設けた庭と内外がなめらかにつながる工夫がなされている。
計画地
:埼玉県秩父郡
期間
:2003.12〜2004.3(設計) 2004.4〜2004.6(施工)
敷地面積
:2365 m2
建築面積
:127 m2
延床面積
:121 m2
規模・構造
:地上1階・木造
設計・監理
:東京大学施設部
:THT Architects(設計協力 戸塚直哉)
施工
:-
外部仕上げ
:-
内部仕上げ
:-
その他
:写真撮影 八尾廣
 
模型写真
 
模型写真2
 
模型写真3
 
模型写真4