Work deatil

30X100material展

2001
展覧会出品
展覧会「30x100material?マテリアルの使い方展」への出展作品。 出展者は30代の建築家。素材の使い方あるいは生かし方に注目した表現・提案が求められました。THTは、『小松市立宮本三郎美術館』コンペ案をモデル化して提出。 歴史的建物と新しく作られる建物、その両者の素材の中に織り込まれた、呼応関係の表現を試みました。
計画地
:東京電力技術研究
期間
:2001.9〜2001.10(会期)
敷地面積
:- m2
建築面積
:- m2
延床面積
:- m2
規模・構造
:-
設計・監理
:THT Architects
施工
:-
外部仕上げ
:-
内部仕上げ
:-
 
写真1
 
写真2
 
写真3
 
写真4