お問合せ
角倉剛建築設計事務所の考え方
「建築の中に楽しさを」

機能や美しさを超えた楽しさがある建築を作リたいと考えています。ご要望や敷地や法規をいかに適切に解いた計画であっても、どんなに美しくデザインされていてもそれだけでは良い建築になりません。人を包み込む器には微笑ましい楽しさが潜んでいることが大切だと考えています。

そのために・・・・・
●まずは聞き耳をたてる
建主のお話、敷地を訪れた時に感じること、法規などの様々な規制、設計のヒントはどこにあるかわかりません。小さなことも見逃さないように聞き耳を立てます。
●次に建主の気持ちで素直に考える
感じ方考え方は人それぞれ。まずは毎回異なる建主の感じ方考え方を理解するように努めます。建主の気持ちを想像しながら素直に与件を解くことを考えます。
●そして要望を超えたご提案がないか考える
素直に解くだけでなく与件を見直しすことで、新たなご提案ができることがあります。たとえ小さくとも要望を超えた「楽しさ」があるご提案に努めることが私達の職能だと考えています。
●大きなところから小さなところまで
建築は大きな方針から小さなディテールに至るまでの様々なレベルでのアイデアの積み重ねでできています。その全てを同じように大切に扱うことで密度の高い建築をつくります。
●チームワーク
アイデアを物として作り上げるのは人間の手です。作り手の声に耳を傾け、建主から作り手までの良いチームワークを作り上げるのが物作りの現場では大切なことだと考えています。

Housing / 公園前の家